So-net無料ブログ作成
検索選択
GAMES…演る。 ブログトップ

「ルルブ」 [GAMES…演る。]

週末の3日間、年に1度のアナログ・ゲームの祭典「JGC(JapanGameConvention)」に参加してきた。今年10年目になる、2泊3日で宿泊を伴うかなり大きなイベントである。会場・宿泊は磯子の横浜プリンスホテル。3人部屋だが今年は同室希望が特になかったので、初めて逢う方2人と同室になった。
全国各地からアナログ・ゲーマーの集まる数少ない機会。参加する方も普段プレイ時間・場所・仲間に事欠くことが多く、「同志」としての連帯感の強くなる「濃い」空間。いきおい初対面でも「距離」はかなり近くなる。
お互いテリトリーに踏み込まないまでも親しく会話をさせていただいたが、同室になったお二人ともが時々言う単語にピンと来なくて、言葉が腑に落ちるまで少々時間がかかってしまった。
それが「ルルブ」である。
「るるぶ」ならJTBの発行しているムック形式の旅行ガイドだが。ゲームしに来るのに、それは不要か。ついでに近場の観光?それもなさそう。
…文脈から判断するに。

「ルルブ」=「ルール・ブック」。

あ、そうか。近頃はそう言うのね。若いコらしい略語。
と、気付く。そうか、ルール・ブックって確かに「冒険(たび、と読むw)ガイド」か。
TRPGのルールブックは大概A4サイズで厚さ15~20mmほどになる。それなりに重いのだが、これは絶対プレイすると決まっているもの以外はどのゲーム(システム)を使うかわからないので、決まってはいなくてもやりたいものを選んで持ってくるのだが、そもそもやりたいからこそ買うものなので、数冊は鞄に入れてくることとなる。(無駄になることも多いが)

旅行ガイドがなくても旅はできる。同様にルール・ブックがなくともゲームはできる。大抵はGMが情報提供してくれるから。
しかし、これは攻略本と違って「世界の解説書」だ。その世界に精通しているか、人任せな成り行き冒険者なら不要かもしれないが、自分の足でその世界を歩くには、基礎知識はあったほうがいい。
また、パーティで行動することがほとんどなのだが、自分のことは自分でやらないと他人の時間を割いてもらうことになるのでそのゲームが気に入って何度も遊びたいならば、自分で持っていたほうが良い。
つまりは、どの「ルール・ブック」を持ってくるか、は「入れ込み具合」のバロメーターでもあるわけだ。そのため他人の持参したものにも当然興味が沸くし、同室なら、ついでに数少ない?女性ゲーマーなら余計に気になる、と言うことになる。

それにしても「ルルブ」とは良く言ったものだ。アナログ・ゲーマーにどのくらい偏見があるのかは計りかねるが、通常の会話で使っても他人には海外旅行の話でもしていると聞き流してもらえるだろう。(効果のほどは、やはり計りかねるが(^^;)
なによりも、「ルール・ブック」と言う「面倒臭い解説書」が、突然「旅の供」として
ワクワクするもの、愛しいものに変わった気がするのだった。

「言葉のマジック」は本当にさりげなく、どこにでも転がっているものである。
どなたか知る由もないが、最初にそう略称した方に、乾杯。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ゲーム

どこいつ。 [GAMES…演る。]

ようやく始めました。
初めはやっぱりトロです。まだそれほど言葉を覚えさせていないので、そんなにとんでもないことは言いませんが。
まったくこいつは…と思いながら、可愛くてしょうがない
名前は…内緒。

以前のPS+ポケステ版と比べて…部屋の中とかちょっと物足りない気はする。
「~流れ星」と「~いっぱい」は買ってプレイしてないので(いや、ちゃんと家族が先にやってますが)比較検討できないのだが…
最初のお出かけで屋上、次いで学校まで行けるようになった。
好きなアーティストからギターをもらって幸せ。

ま、それなりに癒されてます。

買ってプレイしてないゲームは腐るほどあるなぁ。
なんたって、スーファミのソフトもあるし。本気で腐りそう。
仕事(公的私的)が全部一段落したら、休暇取ってゲームりますか。
…その前にオンラインゲームもあるんだった。買ったけどまだ課金できないのが。


ようやく購入予約~PSP [GAMES…演る。]

昨日14日正午より、「Playstation.com」において何度目かの販売予約があり、発売から約1ヶ月、ようやく予約することができました。まったく購入を急いでなかったこともあって、これまでの予約日はほとんど様子見状態だったのですが、昨日はちょうど12時15分くらいに思い出してアクセスしてみたらスカッと購入ページに飛べて予約。ここでは「優先予約」となり、後から改めて予約が完了するというシステムでの購入でした。予定数量にはすぐ達したようですが、だいぶ落ち着いてきたようです。そう言えば年末年始の電車内で遊ぶお子様を何人も見かけました。

…しかし、今のところ遊ぶ予定のソフトは前にも書いたとおり「どこいつ」のみ。それだけのために大枚20K円払うのか自分?実際のところあまりプレイする時間が取れないので、ソフト買っても遊べないのは自明の理。既に積ん読ゲームが消化されないどころか…うむ。


GAMES…演る。 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。