So-net無料ブログ作成

4/28 La'cryma Christi TOUR"A"@SIBUYA AX [MUSIC…聴く。]

4人になった新生ラクリマ・クリスティーのライブツアー最終日。

オフィシャルサイトのBBSでツアーの様子は垣間見ていたが、やはりギターが1人になってしまったことから不安は残っていた。
仕事を終えてから会場に向かったのでギリギリの到着だったが、何とか”定位置”である上手前方に潜り込む。(客電が落ちると前に詰まるのでかなり前の方に入り込める。)

ライブはのっけからハードな路線で幕を開ける。いつにも増して迫力のあるLEVINのドラムが否応なく場を盛り上げる。
一人になってしまったギター、HIROの負担はやはり大きいものがあったろう。またベースSHUSEもいつもより動きが少ない。5人だったときのような余裕は見られない。ヴォーカルTAKAも声が出ておらず曲の合間に酸素吸入しながらであったが、豊富なレパートリーからハードかつ盛り上がる曲を選んできっちり世界を作り上げていく。それだけ必死でもあったのだろうが、3/21と比べると客席も含め一体感は強く、ただ徒に10年をともに歩んで来たわけではない、そんな確かなものが感じられた。

気が付けば自分の経験してきたラクリマのライブの中でも五指に入るくらいの熱いライブとなっていた。(ちなみに自分的1番は2003.7.4@横浜BayHall)
アンコール途中で既にほとんど体力を使い果たしており2度目のアンコールはもうヘロヘロ、3度目がなくて良かった。流石に最近は3度目はやらないようで、その代わり?きっちり挨拶をして終了となる。この時も最後に4人で手を繋ぎ客席に向かって高く掲げ礼…と、なんとHIROが…泣いている!?メンバー紹介の際、「今日一番気合いが入っている」と言われた彼、ダブルギターのアレンジを何とかシングル用に変え回ってきた初めてのツアーのファイナルにあたって、やはりプレッシャーは強かったのであろうか。袖に引き上げるまでの間にいつもの上手側のHIROファンの元に戻ってきた彼の目は真っ赤だった。

さて、次のツアーは2ヶ月後くらいか、すでに出来上がっているアルバムの発表に合わせてのものになる模様。アルバムタイトルは「ZEUS(ゼウス)」。
その前に1日のイベントがある。これにも参加予定だ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。